保育の仕事は、人間形成の第一歩で一番重要な時期に子供と接します

教育の一歩は子育てです

保育園に通っている時期の子供の脳は急速に発達します。人間の脳は3歳までに80%完成してしまうと言われています。保育園に通うこの時期が人間形成で一番重要な時期になります。その後の学校での成否を決め、青年期や成人期の性格を左右すると言われています。諸外国の中ではこの時期の費用を無償化しているところがかなりあります。その最も重要な時期に保育士が子供たちを育てて教育をしています。その内容は子供たちの生活習慣を身に付けることや、身の回りの世話をしたり集団生活を通じて社会性を養わせたりして、社会生活の基本を学ばせています。保護者へのアドバイスやサポート、地域との連携をとって子供たちの成長を見守っている責任重大な仕事です。

保育士になる為には?

保育士として働くためには、保育士の資格の国家試験に合格しなければなりません。資格を取得してなければ保育士として働くことができません。保育士の資格を取る為には、2つの方法があります。大学や短大、専門学校などの保育士養成課程で所定の過程を終了するか、保育士の国家試験に合格するかです。国家試験の合格率はハードルが高くて20%の確率です。弁護士の合格率が22.6%,と比較して大変難しいことが理解できます。その為色々な通信教育やセミナーなどがあり合格率の高いところも出てきています。試験の難しさの割に待遇が追い付いていないところがありますが。保育士不足を補う為に国が積極的に給与の引き上げを行い保育士の確保を行っています。今後ますます待遇が期待される職種になるのではないでしょうか。

保育士の求人を大阪で考えているなら、おすすめです。大阪には情熱と責任を持って取り組んでくれる保育士が多数おり、安心して子供を預けられます。