こんな仕事もあるんだ!?従業員の健康を守る産業医!

産業医ってどんな仕事?

日本では、『労働安全衛生法』により常時50人以上の従業員のいる事業場で産業医の選任が義務づけられています。
産業医の主な仕事内容は従業員の健康チェックや健康相談、さらに月に1度は作業場などを巡視します。もし、作業方法や衛生状態に問題があった場合は、従業員の健康障害を防ぐために必要な措置を講じたり、従業員の健康を確保するために必要であれば企業に対し、必要な勧告を行うこともできます。
このようにして、従業員が健康で安全に働けるように努めています。

産業医になるためには?

近年ではメンタルヘルス、過重労働対策、セクハラ・パワハラなどの問題が増えていますし、グローバル化に伴い海外出張や駐在中における健康対策など幅広い専門知識が必要となってきています。
したがって、産業医になるためには健康管理のための知識を持った厚生労働省が定めた要件を満たす医師でなければなりません。例えば、労働衛星コンサルタントの資格試験に合格した医師、日本医師会または産業医科大学で認定されたら研修を終了して資格を得た医師などが産業医として認定されます。

産業医の雇用形態ってどうなってるの?

近年、メンタルヘルスが重要視されてきていることから、精神面での専門性の高い産業医が必要とされています。また、外資系の企業の増加により英語の話せる産業医も必要とされています。
雇用形態としては専属産業医の他にも、最近では産業医が義務づけされない従業員50人以下の事業場でも非常勤で産業医を置くところが増えてきています。
このことから、今後さらに産業医の活躍の場が広がっていくと考えられます。

産業医の募集では、大企業から求人も存在するため、充実した福利厚生を求めている場合でも納得のいく求人が見つかります。