潜在保育士の需要拡大!ブランクがあっても職場復帰しやすくなっています!

潜在保育士が職場復帰しづらい理由

保育士の資格は持っているけど保育の現場で働いていないという人はたくさんいます。このような人たちのことを潜在保育士と呼び、慢性的な人材不足に悩んでいる最近の保育業界で潜在保育士の職場復帰が注目を集めています。潜在保育士が保育の現場を離れた理由の一つに、出産と子育てがあります。出産のタイミングで退職し、その後子育てをするため昔のように長時間働くことができなくなってしまうことで職場復帰できずにいるのです。保育の現場では長時間勤務になることが多く、子育てとの両立が上手くいかないことがよくあります。しかし最近では短時間正社員制度などを取り入れることで、子育てと保育の仕事を両立しやすくしている保育園が増えて来ました。勤務時間が短い分給与面は安くなりますが、子育てをしながら正社員として働くチャンスは増えてきています。

ブランクがあっても安心して働けます

潜在保育士の中には保育士としての職場復帰を望んでいても、ブランク期間が長くなってしまったために保育の現場に戻ることを躊躇している人も少なくありません。昔働いていたころとは違い、保育の現場の新しい知識や技術に対応できるのか不安になっている人もいるでしょう。各自治体ではそのような潜在保育士がスムーズに職場復帰できるよう、復職支援や研修セミナーを行っています。各自治体の研修セミナーを受けることで現在の保育の現場の知識や技術を学び、潜在保育士が安心して保育の現場に職場復帰できるよう努めています。

母親になると、子供の体調などで仕事を休まざるをえない場合も多くなります。結果、仕事を続けることが難しいケースもありますが、シングルマザーの仕事にも家族や職場の理解があればさらに働きやすくなるでしょう。