旅館の従業員になって住み込みで働く場合の仕事内容やメリット

接客以外にも仕事内容は多岐にわたる

昔からある代表的な住み込みの仕事として、旅館の従業員があります。では、旅館で行う仕事、そして住み込みで働くメリットにはどのようなものがあるでしょうか。
旅館の仕事として代表的なのは接客です。たとえば、訪れた客の荷物を持って部屋に案内する、食事のときに配膳する、帰るときは見送るといった内容ですが、仕事は接客だけではありません。まず、調理の仕事があります。旅館の規模にもよりますが、朝晩、毎日何十人分の食事を作らなければならず、食事がよくないと接客はよくても旅館のイメージが落ちてしまうという非常に重要度の高い仕事です。
また、掃除も大切な仕事です。温泉のある旅館の場合、大浴場や露天風呂が旅館のメインということになるので、そこの掃除がおろそかになると印象が悪くなってしまいます。

旅館で働いていたという職歴の効果

では、旅館に住み込んで働くメリットはなんでしょうか。まず、家族などにいい印象を与えやすいというのがあるでしょう。住み込みの仕事の中には、ほかに働ける場所がない人が仕方なくという感じで行うものもありますが、旅館の仕事は礼儀正しく、清潔感があり、人とうまくコミュニケーションが取れないとうまくできないので、旅館で働いているというのはある種のステータスになります。実際、学生が旅館で働いて、就職希望先の会社での面接で、旅館で働いていた経験があると伝えると印象が良くなるかもしれません。
また、食事に苦労しないというのもメリットです。プロの料理人が専属で存在し、まかない料理を出してくれるからです。

新生活を始めるにあたり家具家電の用意は必須です。しかし、家具家電付きの寮の求人であれば最初から付いてきます。そのため準備にかかる費用や時間を省けます。