英語力を活かして仕事をする!その為の条件とは

英語力はどの程度必要か?

昨今、多くの人達が熱心に英語を勉強しています。仕事や進学や資格試験など人それぞれ目的は違いますが、どれも英語を話す、聞く、書く、読むという4機能を勉強しなければなりません。

グローバル化する社会の中で、仕事で英語を使う人も増えています。内需は拡大しないので、海外に支店を設立し、稼ぐスタイルが定着しています。

そこで、実際に英語力はどの程度必要なのかという疑問が出てきます。資格で言うと、英検2級かTOEIC600点位が最低限の条件と言えます。この2つの資格取得者は英語の基礎的能力があると見なされるからです。仕事やスポーツなど何でもそうですが、基礎が無ければ何事も上達しません。

仕事の現場では日々、英語で社内会議をしたり、御客様にプレゼンしたり、仕入先と価格交渉したりと様々な英語力が必要となります。優先すべき英語力は意思疎通能力です。この為には話す能力を上げなければなりません。日本人が一番苦手とする能力です。

英語で意思疎通するには!?

日本人同士の会議だとほんの数人だけ話して残りの参加者はただ頷いてるだけというシーンが多々見受けられます。しかし、グローバル化した社会においては致命的な弱点です。何も話さないとやる気がないと見なされてしまいます。

そこで、意思疎通能力を高めるには失敗を恐れずにどんどん話すことです。話す機会が増えてくると相手を説得する機会も必然的に増えてきます。これは経験しかありません。

何故相手が納得したか、又はしなかったかの理由を考えることが重要です。これは英語に限ったことではありません。積極的に英語で話しましょう!

英語の転職では、これまでの経験を活かしながら働ける職場が見つかるほかに、さらなるスキルアップが期待できるというメリットもあります。