第一印象が重要!就職活動中の服装はどうすればいい?

基本はリクルートスーツ

就職活動にもマナーは存在していて、その中でも特に第一印象を決める重要な要素となっているのが服装です。基本的に男性も女性もリクルートスーツで臨むのが望ましいとされていますが、場合によっては私服を指定される場合もあります。

指定されていない場合はリクルートスーツが一般的なので、面接や見学会、説明会などで着用するようにします。

ただ着るだけでは意味がない

リクルートスーツは就職活動の際の服装の基本ですが、ここで注意しておかなければいけないのがリクルートスーツであれば何でも良いわけではないところです。

というのも、スーツが体のサイズに合っていないものや皺だらけのもの、清潔感のないものや派手なものはどんなに高級なスーツでも印象を悪くしてしまいます。そのためリクルートスーツは自身の体にフィットするものを使用し、清潔感のあるシンプルなデザインのものがおすすめです。

そして男性も女性も肌の露出は控えるようにして、女性であればストッキングは黒ではなくやや濃いめの肌色を選択するのが無難だとされています。

私服の場合はビジネスカジュアルで

もしも私服を指定されているのであれば、服装はビジネスカジュアルを意識するのが一般的です。

そのためTシャツやジーンズなどのカジュアルなスタイルではなく、ジャケットを羽織ったカジュアルスーツがおすすめされています。その上で男性であれば襟付きのインナーを身につけて、女性であれば落ち着いた色合いの服装を心がけます。

ほかにも動きやすい服であれば、実際の内容を確認してから検討するのが大切です。

新卒紹介とは、新卒採用手法の一つであり、従来の大学就職課を通じた自己応募や縁故を頼ったコネ入社ではなく、いわゆる中途人材紹介サービスの新卒版です。